Futomenokachan’s blog

ペット、お料理、子育て、日常生活を書いていきます^ ^30代後半の妊婦です🎵二人目不妊を乗り越えて、待望の男の子がお腹ですくすく育ってます(^ω^)

うさぎのアッサム君9歳半(^^)

うさぎのアッサム君9歳半

f:id:Futomenokachan:20181108114328j:image

だいぶ、ブログにもなれてきたので。

のんびりと、我が家の家族構成を紹介していってみようかと思います!

まず、かあちゃんと一番最初に家族になったのは、この子!

ネザーランドドワーフという種類の現在9歳半アッサム君です!

かあちゃんの連れ子みたいなものです笑

彼との出会いは、姪の誕生日プレゼントに真っ白なうさぎをおねだりされた事からはじまります。

動物と、暮らすってのは、かあちゃんにとってとてもおすすめな育児の一つだと思っているのですが。

うさぎって、、、寂しいと死ぬんでしょう???と、最初は、心配で。←死にませんけどね!!!笑

ハムスターは??とか、わりと手のかからない動物を薦めてみました。

ですが、譲らない姪。(今でも、頑固です。一度決めたら貫き通す信念。)

親の承諾を得て。ドキドキワクワクペットショップへ。

が!しかしーー!!忘れられません。

出発直後に、義理兄、人ひきました。

いやあああああああ!!!!

慌てて飛び降りるかあちゃん

大丈夫ですか?!

幸い、、、ひいたといっても、ちょん!と、当たっただけのようで。

後ろからだったので、転んだだけとの事。

怪我は、無いようでしたが、念のため、救急車で搬送していただいて検査をお願いしましたー。

そんな事もあり。

また後日。と、日を改める事に。

それが、運命の出会いのきっかけだったわけですね!この日に行っていたら、アッサム君とは、出会えていないのです。

その翌週、改めてペットショップへ!

そのには、前日にきたばかりの子ウサギが12羽ほど!!

今年一番賑わってるんですよーと、店員さん!

事故でしょぼんしてた義理の兄も、可愛いねー可愛いねーと。少し元気を取り戻し(´・ω・`)

それ以来、本気の安全運転で、無事故無違反

そこにいたんです。

真っ黒な彼が。

姪は、真っ白求めてたので、見向きもしませんでしたけどね。

もう、私の目には、その子しか、、、。

ずーーーーっと、みてましたよ。

ずーーーーっと。

ずーーーーっと、、、、、したら、あら不思議。

翌々週には、我が家に白と黒が、、、、。笑

当時、色々あって、姉の家にお世話になっていまして。

兄弟一緒にいれるしね!とか言いつつ。

二羽、連れて帰って来ちゃったんです笑

その後、嫁ぐ時に、一緒に連れて来ちゃいまして。

私より、主人の方が可愛がっております。

うさメンの主人の意見で、繁殖も決意!

丁度、私の妊活がうまくいってない時でしたが笑

f:id:Futomenokachan:20181108115957j:image

美人なお嫁をもらい。

f:id:Futomenokachan:20181108120029p:image

無事に父になったのです。

今や、三児の父。

主人の大先輩になりました。

そんな彼は、甘えん棒というお菓子が大好物で。

ちゃーんと、手から食べるんですが。

抱っこがだいっっっきらい。

なので、1枚目の写真のように、タオルでくるんであげないと、爪も切らせてくれません

( ̄(工) ̄)

それでも、かあちゃんは、アッサム君が大好きなのでもふもふしたいのですが、、、。

ひっかかれるし、噛まれるので、ストレスにならないよう。必要最低限抱っこは、やめてましたー。

でも、それがいけなかったのかもしれません。

先日、気がついたのです。

睾丸が大きくなっている気がすると。

急いで動物病院に。やはり、腫瘍の疑い。

年齢も年齢ですし、経過観察を、、、、と。

高齢の腫瘍だと、診察断られる事もあるということですが。

経過観察も、辛い。

9歳半で麻酔は、耐えられるかどうか、、、。

それよりも、今は、とても元気ですし。

様子を見ながら、少しでも長生きしてもらう方が良い。

でも、辛い。

若くても、麻酔は、うさぎにとってかなり危険なんですよ。

手術前には、念入りに検査を繰り返します。

ただね、彼も人間で言えばもうすぐ100歳。

手術に踏み切る勇気は、かあちゃんには、ありません。

今は、少しでも長生きしてくれる事を祈りつつ。

大好きな、甘えん棒をあげすぎない程度にたくさんあげようと思っております。